ネックレス・ブレスレット・指輪として


非常に高価であった時計は、ネックレスやブレスレットなどのジュエリーとしても身につけられていました。

ネックレスとして身につけられている懐中時計

 

時計を身に着けるジュエリーに変える

時計は腕に着けるものだというのは固定観念です。
時計が広く一般に使われるようになって100年ほどしか経っていないので、まだそれほど遠い昔だという感じではありませんが、この100年の間に世の中は驚くほどに変わりました。

今ではご存じの方も少なくなってきていますが、1900年頃の時計の主流といえば全て懐中時計でした。
そこから腕時計が生まれるまでに、懐中時計はそれ自体がブローチとして利用されたり、ネックレスの一部になったり。
そしてチェーンが付いたり紐が付いたりして、携帯性や利便性が求められるようになり現在のように腕に着ける「腕時計」という形になりました。

懐中時計をブローチとして使用していた写真
【 1900年頃に撮られた懐中時計をブローチとして着けている写真 】

ネックレスやブローチとして利用するというのは、現代ではすっかり忘れ去られてしまった着け方やデザインですが、今の時代だからこそ古き良き時代のスタイルが非常に新鮮で新しいと当店は考えます。
このような昔のスタイルを現代に持ち込み、当店ではお客様のお持ちの時計をジュエリーとして作り替えるサービスもご提供しています。

 
 

腕時計をネックレスに作り替える

1900年頃に作られた小さな懐中時計は、女性がネックレスの飾りとしても使用していました。
当店では、このような小さな懐中時計に合わせてネックレスを作らせていただくことはもちろんのこと、アンティークの女性用の腕時計をネックレスにさせていただくサービスもご提供しています。

アンティーク時計を持ってはいるものの、腕にする機会が少なくなった。アンティーク時計がネックレスになるなんて素敵じゃないと思われたなら、ぜひ当店までお気軽にお尋ねください。
腕時計の場合なら、時計の上側にネックレスを通し、下側には時計に合わせた飾りを下げて、時計を中心とした華やかな飾りのデザインに仕上げることも可能です。

 
 

腕時計をブレスレットや指輪に作り替える

アンティーク時計が使われていた当時、時計をブレスレットや指輪に組み込むというおしゃれな使い方もされていました。
当時の女性用の腕時計といえば、とても小さなものが主流であったことから、ブレスレットや指輪に組み込んでしまうこともサイズ的に可能だったのです。
ブレスレットや指輪をデザインして、そこに時計としても使えるように入れ込んだのですから、どれほどの贅沢であったのか想像に難くはないものです。

ジュエリーの製作

当店ではこのような当時のサービスを参考にさせていただき、腕時計をブレスレットや指輪にも作り替えさえていただきます。

ただ時計自体に、ある程度の厚みがあるため、ブレスレットでも指輪でもやや厚みのあるものになります。
またアンティーク時計の女性ものでも長さも指の幅よりも長いため、加工の際には、指に幅に合わせてカット・加工をさせていただくか、長い部分についてはデザインとしてそのままお使いいただくことになる場合があります。

 
 

男性向けにはカフスボタンやネクタイピンに

小さな腕時計は、男性がお使いいただくカフスボタン、もしくはネクタイピンに加工することができます。

時計をそのままカフスボタンやネクタイピンにしたケースは、ほとんど見かけることはありませんが、特に小さな時計を作る技術が完成された昭和頃に販売されていたカフスボタンやネクタイピンには、時計の機能を持たせたものもありました。

現代ではカフスボタンもネクタイピンも省略されがちなものですが、それだからこそ着けていて価値があるものだと言えます。
時計に思い入れのあるお客様なら、時計そのものがカフスボタンやネクタイピンになった商品を粋に感じていただけるはずです。

男性のカフスボタン

このサービスでは、加工用としてご依頼いただけるものは、アンティークの女性用の腕時計に限らせていただきます。
男性用の腕時計はサイズが大きいため、カフスボタンとしてもネクタイピンとしても大きすぎ、また機械が入ったままの状態では重たすぎるため、カフスやネクタイピンとしての実用には向きません。

またカフスボタンの場合は、同じデザインのものが2つ必要になりますので、同じ時計を二つご用意いただくか、当店のグループ店・アンティーク時計専門店メルシーウォッチでは同じ時計を2つお取り寄せさせていただくことも可能です。

 
 

時計としての機能を保持するには

時計としての機能を残す場合は、作り替えた後も時計の裏蓋が取り外せ、機械が取り出せる状態にできるよう特殊な加工が必要になります。
時計が故障した際や定期的なオーバーホールの際に、裏蓋を開けて機械を調整する必要があるためです。

時計として動かなくても良い場合は、特殊な加工を省くことができ、デザインとして残すために文字盤と針は残しますが、機械自体は不要ですので取り除けます。
時計としては動かないという面白みに欠ける反面、加工費用が安くなる・出来上がりの商品の重さが非常に軽くなるというメリットがあります。

 


次のページ してはいけないこと
前のページ ご利用いただける素材


関連ページ