よくあるご質問


修理やサービスについて、よくいただくお問い合わせの内容をまとめました。

懐中時計と洋書

 

修理について

修理までどのくらいの期間がかかりますか?

大きな問題が無い・部品の交換を伴わない場合でおおむね1ヶ月前後です。
部品の取り寄せや製作があれば、作業内容や取り寄せるための期間にもよりますが、追加で1ヶ月ほどかかります。
アンティーク時計の場合は特に、同じ機械や型番でも部品が合わないことがありますので、同じ部品を何度か取り寄せなければならないこともあります。
また修理依頼の混み具合によって、通常より遅くなることやご依頼をお断りさせていただくことがあります。

他店で断られた時計も修理できますか?

他店で修理を断られた時計も修理できることがあります。
ただし、断られたことには理由がありますので、その理由にもよります。
断られたお店がアンティーク時計を修理していない、そのお店で該当の部品の取り寄せや製作ができない、時計の状態を正しく調べていないなど、単純な理由であれば修理ができることもあります。
当店は海外からも直接部品を取り寄せることができるため、国内では手に入らない部品や、入手の困難なものでも手に入れられる可能性は他店よりも大きな自信があります。
作ることのできない部品に問題がある・直せる可能性がないという理由であれば、拝見はさせていただきますが、部品交換もできないとなると、修理は難しいこともあります。

メールや写真で修理の見積もりはできますか?

残念ながらメールや写真でのお見積りはできません。
故障の症状は非常にさまざまで、部品が小さく繊細で、状態も症状も多岐に渡ります。
そのため時計そのものを拝見させていただくまでは、お見積りをさせていただくことができません。

他店で「この部品が必要だ」と言われたということで、その部品の交換をするのにどれだけ料金がかかるのかとお尋ねいただくお客様もいらっしゃいますが、どれほど詳しくご連絡をいただいたとしても、それはそのお店で調べられた内容に過ぎません。
当店で拝見させていただいた場合、それ以外に問題が見つかることも多く、また例えその部品を取り寄せる・お作りしても、必ず交換する部品に対して調整や、その他の部品との噛み合わせの問題なども起こってきます。

そのため時計の型番や欠損している部品の名前などご連絡をいただいても、それを元にお見積りを差し上げることはできません。
ただある程度、金額の決まっている内容もありますので、あくまでざっくりとした概算のみになりますが、そういう内容でのご回答はさせて頂ける場合があります。

メーカーで修理を断られた時計も修理できますか?

時計も販売から国内メーカーであれば10年ほど、海外メーカーの長いところでも30年もすれば、メーカー修理を受け付けてもらえなくなることがよくあります。
また古い時計であれば、機械の部品が一部オリジナルでないことを理由に、または一部が錆びていることを理由に、メーカー修理で断られることもよくあることです。
このような場合、メーカーが修理を断ったからといって、すべてのケースでその時計が修理できないという意味ではありません。

メーカーで修理を断られる理由は、メーカー自体にすでに部品がない・修理をすることにリスクがある・改造されているためメーカーでは保証できないという理由が多くを占めています。
もしメーカー修理を断られた時計がございましたら、当店までお気軽にご相談ください。
メーカーでは修理ができないもの、メーカーにも部品がないものでも、修理ができる可能性があります。

錆びの出ている時計は修理できますか?

錆びの出ている箇所や程度によりますので、一概には修理ができるかどうかは言えません。
文字盤側に錆が浮き出している場合や、蓋の隙間から錆が見える場合、他のお店では修理を依頼された際に錆が出ているだけで断られるケースは良くあります。

錆が取れる場所・取れない場所があり、一見してわかる茶系の錆や表面が黒くなっているだけのように思われるものでも、根深く錆が進行しているケースもあり、場所によっては手が付けられない場合もあります。
基本的には、錆びている部分が機械の動作に影響を与えない部分であれば、錆を取って修理をすることは可能です。

ただ時計の心臓部分に当たる周辺や、バランスの必要とされる部品や細い部品に錆が出ている場合は深刻です。
このような深刻なケースでは、錆を取ることで部品が破損してしまう場合や、取ってしまうことで同じ動作ができなくなる、振りが変わってしまうような問題が考えられるため、部品の取り寄せや製作・交換もできないような場合は、錆を取らずに修理をさせていただくこともあります。

錆を取ってしまうことで破損や正常に動かなくなるリスクを避けるためで、無理に取ってしまって動かなくなってしまうよりも、錆を取らないままオーバーホールを進めさせていただくことで、錆が進行して部品を完全に浸食してしまう・動作しなくなるまでは使い続けられますので、一か八かというリスクをお取りいただくよりも、錆を取らずに使い続けられることをお勧めするケースもあります。

それぞれのケースで対応も違ってきますので、詳しくは時計を拝見させていただいてからのご回答になります。

部品の交換だけしてもらえますか?

風防の交換やゼンマイの交換など、部品だけの交換をご希望のお客様がいらっしゃいますが、当店では部品のみの交換は行っておりません。
部品の交換が必要であれば、オーバーホールも必ず合わせて行わせていただいての納品をさせていただきます。

部品のみの交換や取り付けができない理由は、お客様もしくは他店様で「この部品の交換が必要」だとわかっている場合でも、当店で調べてみると、それ以外にも問題があることがよくあります。
部品のみの交換や取り付けの場合、当店でそれ以外の個所を調べさせていただく・調整をさせていただくことができないため、交換する部品以外が後日問題となって故障の原因となることがあります。

当店で修理をさせていただく以上、当店の保証規定に合格した時計でなければ、お客様のもとへお届けするわけにはいきません。
また当店で修理をさせていただいた時計には、1年間の保証を付けておりますが、それをさせていただく以上は、その保証をさせていただける状態であること、当店が保証できる状態に仕上げられていなければなりません。
そのため、部品の交換のみという修理はお断りをさせていただいています。

オリジナルの部品に交換できますか?

よくご相談いただくのがオメガやロレックスなどですが、メーカーのオリジナルの部品に交換できるかどうかは、その部品が入手できるかによります。
年代やメーカー・機械によっては入手できるものもありますが、ご依頼いただく時計自体が当店でオーバーホールをさせていただける状態か拝見させていただいて、正確な部品の型番を調べる必要があります。
高級メーカーになるほど部品代も高くなりますので、オリジナルの部品への交換は、部品が入手できるかどうかよりも、費用とご相談となる面が強い傾向にあります。

ステンレスの時計ケースやバンドの修理はできますか?

残念ながら時計のケース・バンドとも、ステンレス素材のものは加工することができません。
ステンレスは金やプラチナなどの貴金属とは違い、非常に強度が高く、貴金属を加工する工具では加工することができません。
そのため、当店ではステンレス素材の修理はお受けすることができません。

時計にステンレスが使われるようになったのは、比較的最近のことで、もしお持ちの時計のメーカーなどがおわかりでしたら、メーカーでの修理ができないかお尋ねいただくことをお勧めいたします。

置時計・柱時計の修理はできますか?

現在は懐中時計と腕時計のみの修理をさせていただいており、置時計や柱時計の修理は承っておりません。

振り子の付いている置時計や柱時計は、輸送の際に振り子が揺れるため破損の原因となります。
修理をご依頼される場合は、お近くのお店をお選びいただくか、輸送方法も熟知している業者を利用されることをお勧めします。

 

料金について

修理の見積もりは無料ですか?

修理やオーバーホールをさせて頂く場合は、お見積りは無料です。
ただし、修理やオーバーホールをせずに、お見積りだけしてお返しする場合は、ご返送させていただく際の送料を含めて3000円だけご負担いただきます。

当店では、お客様からお預かりする時計を拝見させていただいた上で、現状の状態や故障個所などをお知らせしています。
そのため、すべての時計に同じように技術や時間をかけて対応しています。
修理もしくはオーバーホールを受けていただく場合はお見積り料金はいただきませんが、お見積りのみでお返しをさせて頂く場合は、それぞれの時計に時間をかけさせていただいていますので、ご返送の際の送料と合わせてわずかですが3000円だけご負担をいただいています。

無料でお見積りをしていただけるお店もありますが、当店ではそれぞれのご依頼ごとに独自の採算性を保持し、正規のご依頼をいただくお客様にご負担をおかけしないよう、お見積りのみのお客様は有料とさせていただいています。

お客様の中には修理ができないことをご存じの上で依頼されるお客様や、コピー商品・改造品などを依頼されるお客様もいらっしゃいます。
すべてのお見積りを無料にさせていただくことはできないわけではありませんが、どのような時計でも拝見させていただくのに時間がかかります。

お見積りだけのお客様のために長い時間を割き、本来時間をかけるべき修理に時間をかけられなくなることは本末転倒です。
通常のご依頼をいただくお客様へご負担を頂く形にならないように、修理をされないお客様にはお見積り費用を少しですがご負担いただく形を取らせていただいています。

他店よりも料金を安くできますか?

当店の修理料金は、時計の状態と当店の基準によって決まります。
そのため、他店で当店よりも安いお見積りがあったとしても、競合してその金額に合わせたり、それよりも安いお見積りを出させていただくことはありません。
あくまで時計の状態と当店の基準によるもので、他のお店のお見積りには左右されません。

お見積りをさせていただいて、他店より安くなることもありますし、高くなることもあります。
お値段を安くして数多くの時計を手掛ければ、それだけ1つの時計にかけられる時間は短くなります。
当店では、一つひとつの時計にじっくり取り組むことに重点を置いています。

 

ご依頼について

お店に持ち込むことはできますか?

当店はインターネット専業のため、お店にお持ち込みいただくことはできません。
全ての時計は、窓口にお送りいただいて対応させていただきます。
窓口や店舗での受け付けはいたしておりませんので、修理のご依頼は宅急便などで、時計をお送りいただく形になります。

海外からも依頼できますか?

海外にお住まいのお客様や、駐在などで働かれているお客様のご依頼もお受けできます。
こちらに時計をお送りいただく際は、必ずEMS便など配達状況の追跡できるものをご利用ください。

ただし、お送りいただく際の申告金額が高く、関税がかかることが予想される場合は、できるだけ国内のご家族・ご親戚の方に先にお受け取りいただき、国内の宅急便などをご利用いただき当店にお送りください。
こちらでの受け取りの際に、税金の支払いが必要であった場合は、お客様のご負担となります。
直接お送りいただく場合はご相談ください。

ご返送につきましては、基本的にはEMS便を利用してお送りいたします。
盗難などの危険のある国については、フェデックス・DHL便をご利用いただく場合があります。

 


次のページ メールでのご相談
前のページ 免責事項


関連ページ