料金について


下記の料金は、製造年やメーカーによる概算です。基本的には古い時計ほど、作業も増え難易度も上がります。

技術者とチリ吹き

 

オーバーホール料金の参考料金

 

高級舶来ブランド

ロンジン・ハミルトン・ウォルサムなどに適用される料金です。

・手巻き腕時計… 23,000円
・自動巻き腕時計… 24,000円
・懐中時計… 26,000円

 

上位高級ブランド

オメガ・ロレックスなどに適用される料金です。

・手巻き腕時計… 32,000円
・自動巻き腕時計… 34,000円
・懐中時計… 36,000円

 

最高級ブランドや特殊な時計

パテックフィリップなど、販売されている金額が違うさらに高級なブランド、また特殊な機構の時計についてはその都度のお見積りとなります。

 
 

追加される料金

 

年代による追加料金

1900年頃まで…48%
1920年頃まで…45%
1930年頃まで…40%
1940年頃まで…34%
1960年頃まで…18%

1940年頃のロンジンの手巻き腕時計の場合は、基本料金20,000円と年代による追加料金が6,800円かかりますので、合計26,800円が基本料金となります。
年代が明確でないものについては、こちら側で判断させていただきます。

 

状態と作業内容による追加料金

時計の状態によって違いますので、個々の時計で変わります。
古い時計の場合は、全般的に何らかの問題を抱えていることが多く、その状態に対応させていただく作業が必要になります。

 

部品の交換など

部品の交換や製作・取り寄せが必要になる場合は、入手するための時価になります。
おおまかな金額をお知らせすることができる場合もありますので、詳しくはお尋ねください。

部品の交換のみの修理は行っていませんので、オーバーホールを合わせて受けていただきます。

 
 

修理されない場合は、作業やご返送などに掛かる費用をいただきます

当店に時計をお送りいただき、お見積りをさせていただいた上で修理をされない場合は、ご返送の費用と手数料として3,000円をお支払いいただきます。
お客様の中には、明らかに修理ができない状態の時計を送ってこられる方やコピー品・改造された時計を送ってこられる方もいらっしゃいます。
ご存じでない場合はお客様の非ではありませんが、どのような時計でも拝見させていただくために時間を取らせていただいてます。

時計を拝見させていただくのに時間や手間がかかっていることから、当店で修理ができないものについても上記の金額が必要になります。
わずかではありますが、健全な運営のためですのでご理解ください。

 


次のページ 保証について
前のページ よくある時計の故障書状


関連ページ